他国の言語

教室

強まる「英語」の必要性

国際化が進む中、「英語」を必要とする場面が年々増加してきました。多くの方が、今まで以上に必要性を感じるようになってきています。 初めて「英語」に触れる時期とは、大半の方が中学生の時期ではないでしょうか。この時期に「他言語」を習得する授業が行われるのです。初めての「英語」に戸惑い、苦手意識を持ち始めることもあります。 この時期に初めて「英語」を勉強し、その後全く「英語」とは縁遠い生活を送る人も数多く存在しました。日常的に必要とする人は、少数派だったのです。しかし、国際化の波が絶え間なく押し寄せ、今日では「英語を知らない」では済まない時代へと突入してきたのです。「英語」は世界共通の言語としての位置を占め、多くの方の生活に影響を与えるようになってきたのです。

幼児・子供期の「他言語習得」

「英語」の重要性がかつてない程に認められるようになり、その傾向はあらゆる年齢層に普及してきました。とりわけ、子供期からの英語の必要性が唱えられ、子供向けの教材や英会話スクールが続々と開発・開校してきました。 子供の時に「他言語」を習得するように努めることは、大変理にかなっていると言えます。他言語を習得する時期は、子供の時が一番良いのです。言語の習得を優位にさせる「右脳」の働きが良いため、大人よりもすんなりとマスターすることが出来るからです。 「脳科学的」な証明により、子供期の習得が一番効果的であると広く認められるようになりました。その結果、子供に「英会話」を習わす家庭が増え、幼児や子供専用のスクールが数多く開校されています。この傾向は更に顕著なものになり、更に英語の必要性が唱えられるようになると考えられています。